Main DiskやRAM DiskやSWAP/RAM Disk Image Storage Diskで速度をチェックしてきました

最近、もう古くなった主パソコンを少し延命してきました

僕の主パソコンは、2014年の早春に、Asus Z87 Chipset 搭載されたマザーボードで、Haswell と言う四代目CORE CPUと32GB DDR3 メモリとGTX960 GPU カード(GPU カードは、2015年に導入)を組み立てものです。内蔵のストレージは複雑な規格になっている。2つSATA IIIのSSD、2つHDDでMatrix RAID のHDD(0または1 modeも設定している分割区域になり)、独立なHDD、Hot Swap HDD、外装な HDD などを混用してしまいます。


image

もとの Main Disk パフォーマンスは、以下参考できます

Intel 530 Series SSD, 2013のモデル。購入ときは、2014の前半。MLC のものです。

僕持っているのは、Crystalmark の結果というスクリーンショットがありません。残念ながら、僕の 530 SSD は他のパソコンに新た Linux 関連な任務に再生しています。Crystalmark は Linux 版がないので、スクリーンショットを作ることは難しくて…(全体 Linux 用 Partitions に分割するべきものだ)。

僕の記憶に読むと(数秒 Loading…と, 思い出してきた!)、少し資料があって、その SSD は、520MB/s 読み込み(記載された資料によって、540MB/s と言われる)・300MB/s (本来は490MB/s ですが、空き空間はほとんどなくて、効能が下降された状態) 書き込み効能ができるものです。

実際に、もとの Main Disk は、5年間以上働きました。ときどき、数日的なついている状態になって、問題が出る前に交換することは、必要作業だと思います。

新しい Main Disk

Samsung 860 EVO, SATA III 1TB, TLCのものです。

もちろん、Samsung 860 EVO は、古いものと言われていますけれども、2014のパソコンにとってもいいです。

重要なポイントは、Intel 530 に対して、必ず Samsung 860 EVO の書き込み速度は速くなります。基本的に言って、読む込みと書き込み速度は、SATA III の限界になってしまいます。PCI-E 起動する功能がなくて、PCI-E のNVMe カードを導入することができません。

image

SWAP/RAM DIsk Image Storage Disk

去年、Transend SSD220S 480GB を導入して、SWAP File(Virtual memory file)やRAM Disk Image Storage を移動しました。そのことは、本来HDD RAID0 ドライブから、Transend SSD に移動することです。その後、全体的な快適さは、高くなりました。

その以外、Transend SSD は、快速な仮想ホストをも載せれます。

image

RAM Disk

SSD の寿命延長をするため、2014年にパソコンを建て組みとき、RAM Drive を設定しておきました。Web Browsers の Cache を RAM Drive に引導渡すことがあります。余裕な空間は、作業している大ファイルもそのところにおいていることもできます。もちろん、RAM Disk の速度は、とても良いです。ただし、最近製造してきた NVMe SSD と比べて、2020年に、普段な NVMe SSD の速度は、僕のRAM DIsk を越えしてきてかもしれませんよ。

面白いポイントも一つある、RAM Disk の読み込みと書き込み効能を見て、ちょっと読みにくくなってしまいます。実際に、何か、その結果を左右しています?ぜんぜん分かりません。

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です